一般内科

こんなお悩みは
ありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 高熱が出たが、なかなか熱が下がらない
  • 咳や鼻水、喉の痛みがある
  • 頭が痛い、もやもやした感じがある
  • 胸焼けがする、食欲が戻らない
  • 足が浮腫んでいる
  • 下痢や便秘、便の色がおかしい

など

こういった症状は、一般内科へご相談ください。
一般内科とは、診療における総合窓口のような役割を担っており、必要に応じた専門科の紹介などを行うことが可能です。
当院では、あらゆるお悩みや困りごとをお聞きし、最適なご提案をさせていただきます。
まずは遠慮なくご相談ください。

主な治療内容

風邪症候群

風邪症候群とは、病原となるウイルスが鼻や喉、気管支などに侵入して感染し、急性の炎症を起こす病気です。
重症化すると気管や気管支、肺などにも炎症を起こすリスクがあります。

インフルエンザ

この病気は、「インフルエンザウイルス」に感染することによって、38度以上の熱があったり、頭痛や関節痛、全身の倦怠感などの症状が急速に現れます。
また、風邪と同じ症状も現れるため、注意が必要です。

高血圧

血圧の最高値と最低値が一定の基準値を超えた場合に診断されます。
命に関わる病気につながる可能性もあるので、健診等で引っかかった場合にはすぐに検査結果を持ってお越しください。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中の脂質の値が基準値から外れている状態です。
動脈硬化のリスクがありますので、早めに対処しましょう。

糖尿病

糖尿病は、インスリンというホルモンの作用不足によって高血糖が慢性的に続く病気です。
合併症(網膜症や腎症、神経障害)を起こすリスクもあり、失明などのきっかけになるため注意が必要です。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、高齢化によって骨の量が減って弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
何気ない転倒でも折れる可能性があるため、注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、大きないびきと共に睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。
「無呼吸」や「低呼吸」といった状態が繰り返されるため、体が低酸素状態となることもあるため、検査と治療が必要です。

0936313033 page top
0936313033